記事一覧

フランク ミュラーの世界観を伝える企画展が神戸・フェリシモ チョコレート ミュージアムで開催

「時間」をアートのテーマとして捉え、ユニークな時計作りを行ってきたフランク ミュラーの世界観を伝える展覧会が開催される。これはカタログ通販大手のフェリシモが、兵庫県神戸市で2021年10月22日に開館する「フェリシモ チョコレートミュージアム」の企画展の第1回目として予定されているものだ。

フェリシモ チョコレートミュージアム企画展「The flow of sweet time ―FRANCK MULLER至福の時―」



開催日:2021年10月22日(金)~2022年3月20日(日) ※月曜休館
時間:11時~20時(日曜は18時まで)
場所:フェリシモ チョコレート ミュージアム内(神戸市中央区新港町7番1号 フェリシモ本社2階)
料金:大人一般1500円 ※2022年3月21日購入分まで開館記念価格1000円
予約:公式ウェブサイト https://www.felissimo.co.jp/chocolatemuseum/ より事前予約が必要
フランク ミュラーが提案する「豊かなひと時」を味わう空間
 フランク ミュラーといえば、複雑時計ブームを巻き起こした時計業界のイノベーターである。時計産業の盛んなスイス、ラ・ショー・ド・フォンに1958年に生まれた彼は、厳格なスイス人の父から精密機械を学び、陽気なイタリア人の母から美しいものを愛でる感覚を授けられて育った。フランク ミュラーが作り出す腕時計の魅力は高い技術力とデザイン美の融合にある。そのアイコンのひとつに、樽形ケースの「トノウ カーベックス」がある。これはアール・デコの時代に生まれた時計ケースの形状をよみがえらせるとともに、立体感を与えて装飾性を高め、独自の技術で実用性まで強化されたものだ。フランク ミュラーは生産に手間のかかるこのケースに複雑機構である永久カレンダーやトゥールビヨンのほか、ランダムに針が動く奇抜な「クレイジー アワーズ」などを搭載し、量産まで実現させた。また大胆な色彩や、独自の書体「ビザン数字」の導入など、遊び心あふれるデザイン性もフランク ミュラーの特徴である。

 そんな"時計界のエンターテイナー"ことフランク ミュラーの技術力に迫り、そして氏の描く「豊かなひと時」を味わえるのが、今回の企画展「The flow of sweet time ―FRANCK MULLER至福の時―」だ。同展では前述した「トノウ カーベックス」のケースや風防の加工方法をはじめ、80以上ものバリエーション豊かな文字盤や、ムーブメントのパーツなどが展示される。

 同じ会場において、フランク ミュラーのスイーツ部門「フランク ミュラー パティスリー」の作品も展示される。フランク ミュラーは時計ブランド設立の26年後となる2017年より、時計作りの哲学を継承しながら、手作りの少量生産でスイーツ製造を行っている。フランク ミュラーの出身地であるスイスはチョコレート大国であることから、特にチョコレート商品が豊富だ。ミュージアムショップでは、これらの既存商品の一部のほか、企画展限定の雑貨アイテムも販売される。


【関連記事】:https://toptokei.seesaa.net/

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー