記事一覧

ティファニーサインのパテック フィリップ ノーチラス5711を徹底的につけた理由

Instagramで最も有名なティファニーのサイン入りノーチラス、「#TheLovedPatek」の物語。

パテックフィリップ ティファニーブルー 「ノーチラス」Ref.5711/1A-018

自動巻き(Cal.26-330 SC)
30石
2万8800振動/時
パワーリザーブ約45時間
SSケース(直径40mm)
120m防水

さて、ここで目を丸くする方もいるかもしれないが、私はそれを完全に理解している。ティファニーのサインが入った5711は、時計というより「お金持ち」の象徴のようなものだ。でも、それは私のことではない。そして、それはこの物語の主題でもない。これは5711を身につけていたときに出会った人々や行った場所についての物語だ。そして最も重要なのは、伝説的な時計に感謝し、それを最初に所有できたことがいかに幸運だったかを知ることなのだ。

この物語は2005年にトルノー(Tourneau)が私の地元のニュージャージー州のモール、Westfield Garden State Plazaに支店をオープンしたときに始まる。私は22歳で、新入社員の販売職に応募したのだが、結果的にそれは私がこれまでに下した最高の決断のひとつとなった。2000年代半ばは時計購入の黄金時代で、トルノーは当時最大の小売業者だった。私は、モバード(Movado)しか知らなかったが、同社が取り扱う30以上のブランドと、認定中古品セレクションにあるランダムなまったく予測不能な時計について、すべてを学ぶことができたのだ。

私はすぐに出世し、最終的にはトルノー社の本社に移ったが、2008年の金融危機で時計産業は大打撃を受けた。私は職を失い、次に何が起こるかわからないままヨーロッパに移った。数年後の2010年、時計の世界が立ち直り始めた頃、私は5番街にたどり着き、ニューヨークのティファニー本社にある北米の旗艦サロンで、パテック フィリップを代表する4人のうちのひとりとなったのだ。

私は自分の仕事に真剣に取り組んだ。情熱を傾け、高く評価しているブランドを代表することは、私にとって大きな意味があった。この頃私が好きだったお客様に、パテック フィリップをこよなく愛するドイツ人紳士がいた。しかし、彼は決して時計を身につけることはなかった。ほぼ毎日、時計を見てはいたが、それ以外は金庫に二重に封印していた。街で用事をするときは、ロレックスの偽物を身につけるほどだ。私は彼と一緒に過ごすのが楽しかったが、そのような収集の仕方は私には間違っているように思えた。今でもそうだ。

Instagramが大ブームになる今の時代よりずっと前のことだが、2011年当時、5711 ノーチラスはやはり非常に魅力的な時計で、そう、キャンセル待ちの状態だったのだ。にもかかわらず、当時私が接したほとんどのコレクターは、ティファニーのダイヤルサインが持つ歴史的な意味をよく理解していなかった。今では考えられないことだが、お客様から「これはいいのか、悪いのか」「このマークが自分の時計の上に必要か」と聞かれ続けたものだ。それが、私にチャンスを与えてくれたのだ。

【関連記事】:2022年春夏は柔らかみのあるボックスバッグがトレンド。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー