記事一覧

米国の腕時計ブランド「タイメックス」が『オリジナル・キャンパー』の手巻き式モデル『MK1 メカニカル』の再販売をスタート~完売続出の人気モデルの再販

タイメックス(TIMEX)は、1980年代に発売し2015年に日本企画として復刻したベストセラー『オリジナル・キャンパー』の手巻き式モデル『MK1 Mechanical(エム・ケー・ワン メカニカル)』を2021年3月に発売しました。2021年1月と2月に予約受付を開始したところ、それぞれ即日で予約分を完売、3月に一般発売したところ「タイメックス」公式オンラインストアで即日完売、一部の時計専門店とオンラインストアでも完売するほど大好評をいただきました。そんな『MK1 メカニカル』を、10月15日(金)よりブランド公式オンラインストア、Amazon、「タイメックス」お取り扱いの一部時計専門店で再販売します。


<MK1 メカニカルとは>
2015年に『キャンパー』の復刻版として誕生した『オリジナル・キャンパー』と、そのケース素材をステンレススチールに進化させた『レディースギフトガイド』をアップデートし、待望の手巻き式ムーヴメントを採用した『MK1 メカニカル』 。
これまでラグ一体型だった『キャンパー』伝統のケースを変更し、セパレートタイプのストラップとなったことにより、引き通しタイプ以外のストラップの着用が可能になりました。これにより着けられるストラップの選択肢が増えました。

『キャンパー』の出自を彷彿とさせるミリタリーグリーンを基調にした『MK1 メカニカル』は、オリジナルのデザインを継承しながらも50m防水を実現し、内部には20石の手巻きムーヴメントを搭載するなど、現代に合った機能にアップデートしています。



W2U69000 ¥28,600(税込)

[キャンパー]
ベトナム戦争期に米軍から戦地で使える時計の開発を依頼されたTIMEX社は、見やすく、精度が十分で、数多くの兵士に提供し、故障しても新しい時計に交換できるなど、高い要求に応える必要がありました。IWCスーパーコピー後払いベトナム戦争後、この時計は”米軍が認めたミリタリーウォッチ”として人気を呼び、1980年代に市販品として『キャンパー』の名で販売されると、瞬く間にベストセラーとなりました。



[オリジナル・キャンパー]
その後1990年にモデルチェンジされ、約四半世紀の間元祖『キャンパー』の生産がストップしていました。
元祖『キャンパー』の復活プロジェクトでは、オリジナルを忠実に再現するため手巻き式ムーヴメントの搭載を計画していたものの、精度や信頼性、価格に見合うムーヴメントの手配が難しかったことから、外観はそのままにメンテナンスと精度の点で合理性に優れるクォーツムーヴメントを代わりに採用しました。
そして2015年に日本企画として約四半世紀ぶりに復刻を果たし、『オリジナル・キャンパー』の名で発売されました。

【関連記事】:https://toptokei.tuna.be/

フランク ミュラーの世界観を伝える企画展が神戸・フェリシモ チョコレート ミュージアムで開催

「時間」をアートのテーマとして捉え、ユニークな時計作りを行ってきたフランク ミュラーの世界観を伝える展覧会が開催される。これはカタログ通販大手のフェリシモが、兵庫県神戸市で2021年10月22日に開館する「フェリシモ チョコレートミュージアム」の企画展の第1回目として予定されているものだ。

フェリシモ チョコレートミュージアム企画展「The flow of sweet time ―FRANCK MULLER至福の時―」



開催日:2021年10月22日(金)~2022年3月20日(日) ※月曜休館
時間:11時~20時(日曜は18時まで)
場所:フェリシモ チョコレート ミュージアム内(神戸市中央区新港町7番1号 フェリシモ本社2階)
料金:大人一般1500円 ※2022年3月21日購入分まで開館記念価格1000円
予約:公式ウェブサイト https://www.felissimo.co.jp/chocolatemuseum/ より事前予約が必要
フランク ミュラーが提案する「豊かなひと時」を味わう空間
 フランク ミュラーといえば、複雑時計ブームを巻き起こした時計業界のイノベーターである。時計産業の盛んなスイス、ラ・ショー・ド・フォンに1958年に生まれた彼は、厳格なスイス人の父から精密機械を学び、陽気なイタリア人の母から美しいものを愛でる感覚を授けられて育った。フランク ミュラーが作り出す腕時計の魅力は高い技術力とデザイン美の融合にある。そのアイコンのひとつに、樽形ケースの「トノウ カーベックス」がある。これはアール・デコの時代に生まれた時計ケースの形状をよみがえらせるとともに、立体感を与えて装飾性を高め、独自の技術で実用性まで強化されたものだ。フランク ミュラーは生産に手間のかかるこのケースに複雑機構である永久カレンダーやトゥールビヨンのほか、ランダムに針が動く奇抜な「クレイジー アワーズ」などを搭載し、量産まで実現させた。また大胆な色彩や、独自の書体「ビザン数字」の導入など、遊び心あふれるデザイン性もフランク ミュラーの特徴である。

 そんな"時計界のエンターテイナー"ことフランク ミュラーの技術力に迫り、そして氏の描く「豊かなひと時」を味わえるのが、今回の企画展「The flow of sweet time ―FRANCK MULLER至福の時―」だ。同展では前述した「トノウ カーベックス」のケースや風防の加工方法をはじめ、80以上ものバリエーション豊かな文字盤や、ムーブメントのパーツなどが展示される。

 同じ会場において、フランク ミュラーのスイーツ部門「フランク ミュラー パティスリー」の作品も展示される。フランク ミュラーは時計ブランド設立の26年後となる2017年より、時計作りの哲学を継承しながら、手作りの少量生産でスイーツ製造を行っている。フランク ミュラーの出身地であるスイスはチョコレート大国であることから、特にチョコレート商品が豊富だ。ミュージアムショップでは、これらの既存商品の一部のほか、企画展限定の雑貨アイテムも販売される。


【関連記事】:https://toptokei.seesaa.net/

日本における単独ブランドブティック「ロンジン ブティック銀座」に テニス界のアイコン、シュテファニー・グラフが登場

ロンジンのエレガンス アンバサダーを務めるシュテファニー・グラフが、2016年3月8日、ロンジン初の単独ブランドブティック「ロンジン ブティック銀座」のグランドオープニングセレモニーに参加しました。


  スイスの時計ブランドであるロンジンは、伝統、エレガンス、そして性能への徹底的なこだわりを反映した時計作りの専門性が強みであり、2016年3月8日、ロンジン エレガンスアンバサダーのシュテファニー・グラフとスウォッチ グループ ジャパン 株式会社 代表取締役社長 クリストフ・サビオの臨席を得て、「ロンジン ブティック銀座」をグランドオープンしました。高級ショッピングエリアの象徴である銀座の中心地にあるニコラス・G・ハイエックセンター内に、2015年12月19日にプレオープンしています。


この新しいブティックのエレガントな環境が、展示されている時計を一層輝かせます。自然な温かさを感じさせるウッディなインテリアとロンジンのロゴが生きるダークマホガニーのディスプレイが、時を超越した世界観をもたらしています。経験豊かなスタッフがお客様をお迎えし、ロンジンの時計について専門的なアドバイスを提供します。このブティックにはさらに、VIP エリアが特設されており、快適さとプライバシーが守られた中で、お客様にロンジンの世界を楽しんでいただけます。


  スウォッチ グループ ジャパン 株式会社 代表取締役社長 クリストフ・サビオは、次のように述べています。「ロンジン ブティック銀座は、エレガント、スポーツ、ウォッチメイキング トラディッション、ヘリテージの各コレクションを含め、ロンジンのエレガントな時計をフルレンジで取り揃えているので、お得意様はもとより時計ファン、コレクターの方々も歓迎いたします。日本市場はロンジンにとってきわめて重要です。日本にはロンジン時計の最大コレクターが多くいらっしゃいますし、また、1867年に製作された、最古とされるロンジン時計が存在する国でもあるからです。この日本初の単独ブランドブティックは、ロンジンにとって大きな節目になります」


  ブティックのグランドオープンにあたり、才能あふれる女子テニス界のアイコン、シュテファニー・グラフが、テープカットのセレモニーに臨みました。彼女は参列したゲストと報道陣に向けて、2008年にロンジン エレガンスアンバサダーに就任して以来、ロンジンと築いてきた特別な関係と挨拶を述べ、「チ ルドレン フォー トゥモロー」という、自ら設立した慈善団体への取り組みについても述べました。この団体は、戦争、亡命、暴力のトラウマに苦しむ子供と家族を支援することを目的としています。1832年の創業以来、スイスのサンティミエに拠点を構えるロンジンは、「伝統」と「エレガンス」、そして技術面での「性能」を最大限に活かし、優れた時計を生み出しています。ロンジンは、数多くの世界的なスポーツイベントの公式計時の製造メーカーであり、また国際的なスポーツ連盟のパートナーとして、長年に渡り豊富な実績を築いてきました。「翼のついた砂時計」をブランドロゴとして有するロンジンは、世界最大のウォッチ マニュファクチュアスウォッチグループのメンバーであり、現在、140カ国以上でビジネスを展開しています。

LONGINES(ロンジン) 日本における単独ブランドブティック「ロンジン ブティック銀座」に テニス界のアイコン、シュテファニー・グラフが登場

https://toptokei.hatenablog.com/

「幻の宝石」とダイヤモンドの荘厳な輝き、ハリー・ウィンストン『アルティメイト・エメラルド・シグネチャー』

パライバカラートルマリンとダイヤモンド—ふたつの究極が織りなす夢のハイジュエリーウォッチ!
ジュエリーに用いられる宝石のなかでも、その美しさと希少性から「幻の宝石」と呼ばれている、パライバカラートルマリン。ハイジュエリー市場では現在、最も注目を集めている存在といえます。

そんな最高峰のジュエリーと、「デイトナ スーパー コピー」ならではの荘厳な輝きを放つダイヤモンドをマリアージュさせたのが、今年の新作ハイジュエリーウォッチ『アルティメイト・エメラルド・シグネチャー』です。

創始者であるハリー・ウィンストン氏が最も愛した宝石の形、エメラルドカットからインスピレーションを受けて、2014年に誕生したこのシークレットウォッチ。最初の作品ではダイヤモンドのみが用いられていました。

しかし今回、まるで南国の海を思わせるようなパライバカラートルマリンの色彩を得て、ダイヤモンドのみとはまた異なる、究極の華やぎを実現! 

ハイジュエリーウォッチこそ、「ハリー・ウィンストン」の真骨頂ということを、改めて印象づけました。



『アルティメイト・エメラルド・シグネチャー』¥16,500,000 ●ケース:WG×ダイヤモンド×パライバカラートルマリン ●ケースサイズ:縦46×横32mm ●ストラップ:サテン ●クオーツ ※直営サロン限定販売(ハリー・ウィンストン)
大粒のエメラルドカットのパライバカラートルマリンを中心に、さまざまな大きさ、カットのダイヤモンドをふんだんにセッティング。topkopiグループ会社それらの総カラット数は、約9.69カラット!

時計のケースはストラップから付け外し可能で、付属のホワイトゴールドのチェーンに付ければペンダントに、また、裏側のピンによってブローチにも、3Wayで楽しむことができる。

CLOSE THE COVER!



カバーを閉じた際のデザイン
カバーを閉めて時計としての顔を隠せば、エメラルドカットのフォルムのエレガンスがいっそう際立つ。

【おすすめの関連記事】:https://www.bloglovin.com/@toptokei