記事一覧

チューダー W&W2021新作 ダイバーズウォッチとして初のシルバー925製オープンケースバックを備えた「ブラックベイ フィフティ-エイト 925」が誕生

シルバーが放つ独創的な輝き。チューダーのダイバーズウォッチとして初めてシルバー925製でオープンケースバックを備えるブラックベイ フィフティ-エイト 925が誕生。

ブラックベイ フィフティ-エイト 925。チューダー初の200m防水を誇るダイバーズウォッチRef.7924、通称「ビッグクラウン」の発売年(1958年)にちなんで命名されたフィフティ-エイトに、今年新たに採用された素材名を冠した。歴史的な名作であるRef.7924の美しさを継承する数あるモデルの中で、1950年代の特徴的なプロポーションを維持しつつ、39mmケースサイズを採用。スリムな手首にもフィットし、小ぶりな腕時計を好む人々はもちろん、ヴィンテージ愛好家たちも虜にするだろう。ジラール・ペルゴ ロレアートまたブラックベイ フィフティ-エイト 925はチューダーのダイバーズウォッチとして初めてシルバー925製のケースとオープンケースバックを採用したモデルなのだ。



39mm、シルバー925製ケース、サテン仕上げ、オープンケースバック
アプライドのアワーマーカーをあしらったマットなトープカラーのドーム型ダイアル
COSC認証かつ耐磁性シリコンバランススプリングを備えるマニュファクチュール キャリバー MT5400、パワーリザーブは約70時間
1969年に登場したチューダーのダイバーズウォッチの象徴であるスノーフレーク針、スイスのスーパールミノヴァコーティング
シルバーバックル付きトープカラーのジャカードファブリックストラップもしくはブラウンのグレインレザーストラップの2種から選択可能
5年間の国際保証



INCANDESCENT SILVER
チューダーで初めてシルバー925をケースに使用した、ブラックベイ フィフティ-エイト 925。独自の配合比率により、時を経ても美しさを保持する性質を持つ“インカンデセント シルバー”と呼ばれるシルバー合金を素材とする。サテン仕上げでマットなその質感は腕元で独特な輝きを放ち、マニュファクチュール キャリバー MT5400を映し出すオープンケースバックが、ムーブメントの精密さを美しく際立たせている。本モデルはチューダーがもつ実用時計としての機能はそのままに、高貴な美しさを兼ね備えているのだ。



TAUPE AND SILVER
ブラックベイ フィフティ-エイト 925のシルバー925製ケースは、トープカラーのダイアルとベゼルインサートと組み合わさることで、より一層引き立てられている。また1969年に初めて採用され現在へと受け継がれるチューダーのアイコンでもある「スノーフレーク」針を筆頭とするシルバーのディティールは、精緻を極めるダイアルデザインを完璧の域にまで高めている。本モデルで採用されるファブリックストラップも同様にブランドのアイコンであり、チューダーは2010年にいち早くそれを採り入れて以来、常に先駆者であり続ける。フランスのサン・テティエンヌで150年以上家族経営を続けるジュリアン・フォール社によって、19世紀製の織機を用いて生み出されるファブリックストラップ。それは品質と快適さの両方を実現する唯一無二の存在である。2010年に初めてヘリテージ クロノのためにファブリックストラップを採用する前から続くパートナーシップは、類まれなるノウハウを生み出し、2020年で記念すべき10周年を迎えた。

【関連記事】:https://sns.golnavi.com/diary/9027